最新の投稿

仕事に追われる日々からの脱出方法 その2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「自分一人の年間計画表」を作成していますか?会社の年間計画表が自分の年間計画とピタリと合致する人はいないと思います。「自分一人の年間計画表」の目的は、昨年度の自分の仕事の成果を振り返り「上手く出来て成果を上げられたこと」、「計画通りに遂行出来ずに成果を上げられなかったこと」、「全く手付かずのままで終わってしまったこと」を自分なりに見つめ直して自分の成長を加速させる方策を自問自答することで自分を「進化」させることです。昨年の「自分一人の年間計画表」を作っていなかった場合は、振り返りが出来ないので課題を見つけることが難しくなります。成功者の多くの人が、「書き留める」ことを習慣にしていますがそれは人間の記憶力が非常に低いことを理解しているからです。有名なエビンクハウスの忘却曲線では人は聞いたことやひらめいたことを20分後には42%を忘れ、1時間後には56%を、1日後には74%を忘れてしまうのです。つまり、人は記憶力に頼った生き方をすれば成果は出ないということです。

しかしながら、日々仕事に追われていると「書き留める」ことが面倒くさくて出来ない人が多いのが実態です。「面倒くさい」=「やりたくない」=「楽しくない」という心理状態です。よって、逆の心理状態「楽しい」=「やりたい」=「書き留める」に変化させるには「書き留める」ことが自分にとって「楽しい」ことに思えるように思考を変える必要があります。また、「面倒くさい」が口癖の人をごく稀に見ますが、このタイプは頭の回転が早い人が殆どで先の結果を見通すことを優先する傾向が強く「ひたむきな努力」を無駄と信じていて努力をしません。当然に成果は上がらないことになります。普通の人は自分が幸せになれるよう日々ひたむきに努力をしているので、「書き留める」が幸せをもたらすことだと信じられれば「楽しいこと」に変わることが出来ると思います。

「自分一人の年間計画表」は幸せな人生を手に入れるための海図です。ロードマップではないのは、人生は他人が作ったロードを進むのではなく自分の脳という羅針盤を使って大海原を進むようなものと思うからです。吉田松陰の名言「夢なき者に成功なし」の中に「計画」と「実行」という言葉が出てきますが、この2つの言葉が幸せな人生を手に入れるキーワードであると思います。

「自分一人の年間計画表」に書く項目は仕事に関わることで優先順位の高い順に記載します。一度も作ったことがない人が大半だと思いますが、昨年度までの自分の仕事力の得意分野と不得意分野を整理し、成長を促し加速させてくれそうな項目を5項目以上10項目以下に絞り込んで記載して下さい。例えば、身だしなみがだらしなくて社内でも取引先からも好印象を得られないことが自分の業績を悪くしていると感じている人は「鏡を見る頻度を多くする、商談前は必ず鏡を見る」、「親しい同僚に自分の身だしなみをチェックしてもらう」、「マナーセミナーに参加する」とかで良いと思います。ビジネスのおける「コミュニケーションが上手くいかず業績が上がらない」ことが昨今課題として取り上げられることが多いです。コミュニケーションの研究では言語コミュニケーション(バーバルコミュニケーション)と非言語コミュニケーション(ノンバーバルコミュニケーション)の2種類がありますが、非言語コミュニケーション(顔の表情、声の質、身だしなみ、ジェスチャーなど)の割合が実に80%を占めています。話す内容より話す人の風貌や姿勢や話し方の方が相手とのコミュニケーションにおいて重要なのです。他人が自分をよく見ていないと甘く考えるのは極めて危険です。悪い部分はシッカリ見られいて悪いイメージを勝手に作られてしまいます。

人間力を高めてよりビジネスを加速させたいと思う人は、人間力を高めるためのセミナーに参加する、幅広いジャンルの本を最低月2冊読む、異業種交流会に参加する。とかで良いと思います。人間力の高い人とは、信頼できる人、誠実な人、責任感のある人、ビジネスを創れる人、相手の気持ちを察することが出来る人、人の話を傾聴できる人、気配りができる人などです。逆に人間力の低い人とは、信頼できない人、人の話を全く聞かない人、責任を取らない人、他責の発言が多い人、人を騙す人、他人に配慮が出来ない人などです。

「自分一人の年間計画表」について
作成時のポイント
➀多少の努力で実行出来る目標水準に設定する。
➁やるべき項目ごとの必要時間(EX2週間、2ヶ月、6ヶ月)をザックリ記載する。
➂やるべき項目を自分のやりたい時期に設定する。
➃やるべき項目の優先順位をキチンとつける。

活用方法
➀優先順位の高い項目を早期実施しその必要時間を週単位で確認する。
➁途中で優先順位の見直しを検討し、順位変更が必要な場合は変更理由を記載する。
また、新たに追加したい程の項目が発生した場合は追加理由を記載する。
➂常時見える場所に掲示し、日々確認し意識する。

効用
➀自分の目指す姿が具体的に見えてくる。
➁上司の評価ではなく自己評価が冷静に出来る。
➂自分の努力量を感じることが出来る。
➃自分が幸せになれる道筋が見えて来る。
➄自分の進むべき進路を確認してズレを自分で修正出来る。
➅自分の成長プロセスを自分の言葉でキチンと説明できる。
➆仕事の優先順位付けがキチンと出来るようになる。

仕事の優先順位付け力が高まり一人でも多くの人が仕事に追われる日々から脱出され「ワークライフバランス」を実現され幸せな人生を送られることを願っております。 (H.lGA)

関連記事