最新の投稿

「学びて富み、富みて学ぶ」(学問のすすめ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

福沢諭吉の名言「天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず」で人間は生まれたばかりの時は平等だが、その後勉強を多くした人が稼げるようになり勉強しなかった人より豊かな人生を得ることが出来るので世の中は平等ではないと諭しています。「学問のすすめ」が発売された140年前の我が国の人口は3500万人しかいませんでしたが、340万部も売れた超ベストセラーだったのです。幕末と現代は時代のの大転換期であるという点で似ています。学問とは実学で、自分の日常に役立つ学問を学ぶことを勧めています。知識・見聞を広めて物事の道理を理解し人間として責任を自覚する(税金をキチンと納め法律を遵守し国民の責任・義務を尽くすこと)が個人を強くし、結果国も強くなれるとうたっています。特に独立心を強くすることを説いていて、[当事者意識]をしっかり持つことが重要であると言っています。杭の不正、燃費の不正、会計の不正などの不祥事の要因は当事者意識の欠落によるものだと思います。会社の上司の顔色ばかりを気にしていて、会社に利益をもたらしてくれるお客様の顔が見えていない哀しく残念で危機的な会社が増殖している証です。

私が33年間の不動産営業で高額マンションを購入して頂いたお客様は数千名にもなりますが、共通している点は、①時間厳守で時間密度を高めている。②礼節をキチンとわきまえている。③腰が低い。全く威張らない。争い事を避ける賢さがある。④50歳〜80歳であっても「知らない事」を平気で質問する勇気がある。生情報を収集することの価値を知っている。⑤稼ぐことが社会貢献であることを心底理解している。タックスヘイブンを利用する私利私欲な考えより高額納税することに満足感を得ている。といった点です。

人生が上手く行っているビジネスマンは日々学び続けることが稼げることに繋がり、稼いだ利益=社会貢献度という考え方でその利益を自己啓発に再分配して学びを深めてさらなる成長を成し遂げ続けるという好循環を生み続けていると思います。弊社がご提供させて頂いている「ワークコントロール(仕事のさばき方)」ノウハウは、個人と組織の生産性を上げる(より少ない時間で仕事をさばきつつ仕事の質を高める)ことで利益拡大を加速させることが出来ます。弊社HPで業務基礎スキル(仕事のさばき力)を診断出来る無料診断サービスをご提供しておりますので是非お試し頂いけるとありがたいです。

 

 

 

関連記事