最新の投稿

脳内麻薬βエンドルフィンを出してプラス思考を高めましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

究極のホルモンβエンドルフィンは別名脳内モルヒネと言われモルヒネの6.5倍の鎮静作用があります。脳を活性化し精神的ストレスを解消する効果があり免疫細胞の防御反応を強化してくれるホルモンで副作用は全くなく身体に良い影響ばかり与えてくれます。

βエンドルフィンは神経伝達物質で脳の神経回路を作り変え脳の活動をポジティブにしてくれます。その結果、集中力、忍耐力、思考力、記憶力、創造力などを高めてくれます。

また、老化の原因である活性酸素を破壊する抗酸化機能を持っています。更に血液循環を良くする効果や免疫力を高めて病気にかかりにくくする効果もあります。βエンドルフィンの分泌が多い人は老けにくくいつまでも健康で若々しくいられます。

βエンドルフィンを分泌させるには気持ちが良いことをしたり楽しいことをすることです。油脂を多く含む高カロリーな食事を取るとか、適度な運動を屋外でするとか、大好きなパートナーとSEXするとか、楽しいことを想像するとかと言われています。更に分泌させる効果が高いのが精神性の高い欲求を実現している時だそうです。それは「ただ愛する」という受け入れる心を純粋に高めていく純粋欲です。ただ愛するとは、親切にすること、思いやりを持つこと、相手の幸せを願うことです。他人を幸せにすることを日々心掛けることで自分も幸福感に満たされるのは素晴らしいと思います。

βエンドルフィンは人間しか与えられていないホルモンで、世界中の多くの人がその存在に気付き分泌を促進できれば各地で起きている紛争という愚かな行為はなくなると思います。

また、成長を実感した時も分泌されます。成長するとβエンドルフィンの力で幸福感が得られ能力が向上し、更に意欲が湧いてさらなる成長を加速させることになります。

逆に「私は多くの人よりも優れている」と天狗になったり変なプライドを持っている愚かで哀れな人を時々見かけますが、このタイプには驚くことにβエンドルフィンは分泌されません。

成功者が口を揃えて言っているのが「謙虚さが大事」という言葉ですが、成功して浮ついてしまう気持ちをコントロールしてβエンドルフィンの分泌が止まらないようにしているのでしょう。

βエンドルフィンの分泌を加速させて多くに方が幸福感に満たされることを願っております。

「実るほど頭を垂れる稲穂かな」のように生きることが幸せを呼び寄せると思います。

 

 

 

 

関連記事