最新の投稿

平均の通勤時間、知っていますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

通勤時間の日本人平均は39分30秒。世界平均は32分30秒。

日本人の平均は以外と短いと感じませんか。
NHK放送文化研究所が今年2月に発表した2015年国民生活時間調査のデータです。エリア別でみると東京圏が51分、大阪圏が43分、人口30万人以上の地方都市が34分30秒となっており大都市圏通勤時間が長くなっています。
東京圏の場合、年間勤務日数を240日とすると年間24480分(408時間、17日)も通勤時間に費やしています。

世界平均は世界的なサービスオフィス運営会社であるリージャスが2014年7月に世界100か国の経営者及び経営幹部2万2320名を対象に調査したデータです。同調査でも日本は39分6秒となっておりNHKのデータと近似しているので信憑性は高いと思います。世界で最も短いのはキプロス共和国で12分12秒、最も長いのはセネガル共和国で67分30秒でした。アメリカは24分12秒、イギリスは29分36秒、フランスは34分24秒、中国が39分36秒でした。世界トップレベルの公共交通機関整備網を有する日本が先進諸国の中で後位にいるのは理解しにくいですが、ワークライフバランスの重要性の認識の差が通勤時間にも表れているのかもしれません。

過去20年間のデータを振り返っても日本人の平均通勤時間は改善されていません。我が国の様々な政策により通勤時間の短縮が実現出来ることを切望致します。

一人一人がプライベートタイムを大切にし有意義な時間を過ごせることを願っております。

弊社の[仕事のさばき方]ノウハウは生産性を高めて残業時間を減らすことができます。弊社HPで仕事のさばき力を診断する無料Web診断をご提供させて頂いておりますので是非ご活用して頂けると有り難いです。

関連記事