社員のマネジメントスキルと企業経営についての提言 2

3.わが国の働く人々のマネジメントスキルは年々低下の傾向がはっきりしてきました。

2003年からの年間の平均値を調査項目ごとに調べたところ、面白いデータがとれました。それは、ストレスの増大とマネジメントスキルの低下を指し示して いました。日本のビジネス現場は年々ストレス過多傾向が顕著でかつスキルダウン傾向も顕著であることが残念ながらはっきりしてきました。
図に紹介してあるのは、ストレスの状態と業務遅延の状態です。一目でストレスの増大とマネジメントスキルの低下がわかると思います。この状態では、以前や れていた業務が上手く処理できないとかの問題が現場では頻発していることになります。団塊の世代が退職し、彼らの持っていた業務上のノウハウが消失し大変 なことになる、「2007年問題」としてマスコミを賑やかした言葉ですが、何事もなく過ぎ去ったように見えますが今「2007年問題」が日本のビジネス現 場を襲っているといっても過言ではないと思います。早急に各自のスキルアップを開始しなければなりません。そのためには、現状のスキルを客観的に捕捉する 必要があります。

tegen160530_02

tegen160530_03